水道の水漏れ被害の拡大を防ぐ修理前の応急処置

水道の水漏れ被害の拡大を防ぐ修理前の応急処置 排水管 水漏れが起きた場合、放置してしまうと水道料金の高騰や家屋全体に関わる大きな被害になりかねません。水道の専門業者に連絡したとしても、到着までの時間はどうしても発生します。そのような際に、自分に応急処置の知識があれば被害を抑えることができるでしょう。昨今ホームセンターなどでは、簡単に応急処置ができるグッズが多く売られています。中でも水漏れ専用の補修テープは欠かせないアイテムです。様々な種類がありますが、効果を高めるためにも用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

■水漏れ専用の補修テープの種類

排水管 水漏れの修理にあたり、応急処置として効果を発揮するのが、専用の補修テープを使う方法です。
自己癒着タイプと呼ばれるものは、接着剤や粘着剤を使用していません。引っ張るだけで自然に癒着をします。水道がにじむ程度の軽い水漏れの際に使用するのがおすすめです。また、保護用のシールなどを上から貼れば、より耐久性が増します。
防水補修テープは伸縮性があるため、カーブや細かな部分での使用に適しています。ラップテープは、排水管の水漏れ時によく使用され、べたつきがなく、剥がした跡が残りません。
商品は、素材によって価格が異なります。必要量を満たしており、使用の機器と相性が良いものを選びましょう。

■補修テープで効果を高めるには
応急処置をする際にポイントを押さえておくと、補修テープの効果を最大限に発揮させることができます。
まず、補修テープを貼る場所の周辺に水や埃などがついている場合は、乾いた布で綺麗に拭き取っておきましょう。拭き取れていない場合は、上手に貼りつけることが難しくなります。貼り付ける際のコツは、テープを伸ばしながら貼ることです。テープ同士のたるみをなくすことができるためくっつきやすくなり、より強固に接着します。商品によっては、テープの幅が半分ほどになるまで引っ張っても問題ありません。それ以上引っ張るとテープが切れてしまう可能性もあるため、不安な方は予め適当な長さに切っておくと良いでしょう。巻き終わりの作業をする際は、強く引っ張った状態であると外部から衝撃を受けた時に剥がれやすくなってしまうため注意が必要です。
年々素材も改良されており、軽度な排水管 水漏れなら改善が図れます。一重に巻きつけるだけでは不安な場合は、必要に応じて保護テープを貼ったり、適度な範囲で何重か巻きつけて貼るのも有効です。

■専門の水道業者は必要ないのか

補修テープだけで排水管 水漏れが直った場合、専門の水道業者を呼ばなくても大丈夫と考える場合があります。しかしあくまでも、応急処置の範囲であることを注意しましょう。
水道は生活場面で毎日使用しますから、たとえ補修ができていても濡れてしまいます。緩みが出たりテープが外れてしまえば、再度トラブルが生じている状態となります。
専門の水道業者に、排水管 水漏れをはじめ機器のメンテナンスを依頼してください。部品や配管の劣化や歪みが生じる点で、水のトラブルが起こっているケースもあります。見積もりや相談を無料で行っている所もありますから、大いに利用しましょう。また、通信環境があれば、場所を選ばずにオンラインで依頼をできる所があります。都合の良い日時を調整したうえで依頼に応えてもらえると、利用しやすくなります。

■まとめ
テープで排水管 水漏れの補修ができても、応急処置の範囲でしかありません。経年劣化や機器の傷みなどが原因で、水のトラブルを起こしている場合があります。細かな点まで確認するには、相応の知識が必要です。排水設備工事管理技術者など、高度な資格を持つ専門の水道修理業者なら、技術面でも信頼できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース